PROGRAM

Pitching Program
ピッチングにおいては、やみくもにトレーニングをするのではなく、動作を解析し、関節可動域や角度、速度を調べることで、フィジカル面と技術面どちらにフォーカスするべきなのか?を明確にします。
速度アップから逆算されたトレーニングは、理想的な角度、カラダの使い方、可動域、筋出力を高め、それを常に確認しながらトレーニングを進めます。
また、それらのトレーニングの前には、正しい角度やカラダの使い方に重点を置いたウォーミングアップとしてカラダ全体を使わなければならない重いボールでのピッチングを実施します。

リカバリーのエクササイズは、遠心力を用いて肩や肩甲骨を正しいポジションに戻し、筋肉の乳酸を除去するように努めます。
1:Exercises
・Warm-up Exercises
・Recovery Exercises
・Pitching Mechanics for Mobility
2:High Speed 3D Motion Capture Systemによる動作分析
3:Velocity Based Training(VBT)
球速を上げるために必要なボディスピードを向上を目的に、Physical Assessment(カラダの角度の測定)を実施し、ウエイト・トレーニングでは、拳上重量ではなく、拳上速度を重視します。
これをVelocity Based Trainingといいます。
4:Command Training
例えば重さや重心の位置が違うボールや、重さが同じでも柔らかさに違いがあるボールを投げることで、自己受容性感覚を養い、無意識に動きを感じ取り、また指令を出す能力(Command)が向上します。
これらは、動作、ポジション、平衡感覚と密接に関係しており、正しく選手に身に付けてもらいたい能力でもあります。
「Command」とは、日本語で「指令」という意味です。受け取った感覚に対して瞬時に指令を出しカラダを動かすこと自体は、技術であり鍛えるものです。
自然に良くなるというものではありません。
5:Over Head & Hip Mobility
オーバーヘッドの動きの範囲を改善する際に最も重要なのは、肩甲骨の上向き回転と胸椎を広げることです。
胸椎を広げるという動きは、胸椎を回転させる能力からみると理解しやすく、私たちのカラダは胸骨の回転がない場合、腕は引き離そうと分離を試みます。さらに、胸部回転の欠如を補うために、胴体を維持するための腰椎の安定性をもなくしてしまうのです。つまり肩甲骨を動かしている筋肉と胸郭を広げるというメカニズムを理解してからトレーニングすることが重要なのです。

Hip Mobility とは、ただ単に股関節の可動域と言うことではなく、片方の内転筋群を動かした際に、同時にもう片側の内転筋群及び外転筋群にも意識と力が加わり(Ipsilateral)動かすことができる能力のことです。
コーチ陣は、股関節の柔軟性を持つことや、可動域、使い方など様々な表現でそのイメージをつかませようとしますが、現実的に明確に数値化されたプロトコールが必要となります。
6:Rader Ballistic Measuring System(RBMS,RAPSODO)
最新のテクノロジーによる正確な弾道測定を用いたトレーニングシステムです。
本プログラムではMLB30球団で使用されている『RAPSODO』を使用します。プロレベルのデータ精度を実現する独自のレーダーおよびカメラシステムです。球速、回転率、回転軸、回転効率、変化量およびストライクゾーンを分析し、リアルタイムで確認できます。

PROGRAM

Pitching Program
ピッチングにおいては、やみくもにトレーニングをするのではなく、動作を解析し、関節可動域や角度、速度を調べることで、フィジカル面と技術面どちらにフォーカスするべきなのか?を明確にします。
速度アップから逆算されたトレーニングは、理想的な角度、カラダの使い方、可動域、筋出力を高め、それを常に確認しながらトレーニングを進めます。
また、それらのトレーニングの前には、正しい角度やカラダの使い方に重点を置いたウォーミングアップとしてカラダ全体を使わなければならない重いボールでのピッチングを実施します。

リカバリーのエクササイズは、遠心力を用いて肩や肩甲骨を正しいポジションに戻し、筋肉の乳酸を除去するように努めます。
1:Exercises
・Warm-up Exercises
・Recovery Exercises
・Pitching Mechanics for Mobility
2:High Speed 3D Motion Capture Systemによる動作分析
3:Velocity Based Training(VBT)
球速を上げるために必要なボディスピードを向上を目的に、Physical Assessment(カラダの角度の測定)を実施し、ウエイト・トレーニングでは、拳上重量ではなく、拳上速度を重視します。
これをVelocity Based Trainingといいます。
4:Command Training
例えば重さや重心の位置が違うボールや、重さが同じでも柔らかさに違いがあるボールを投げることで、自己受容性感覚を養い、無意識に動きを感じ取り、また指令を出す能力(Command)が向上します。
これらは、動作、ポジション、平衡感覚と密接に関係しており、正しく選手に身に付けてもらいたい能力でもあります。
「Command」とは、日本語で「指令」という意味です。受け取った感覚に対して瞬時に指令を出しカラダを動かすこと自体は、技術であり鍛えるものです。
自然に良くなるというものではありません。
5:Over Head & Hip Mobility
オーバーヘッドの動きの範囲を改善する際に最も重要なのは、肩甲骨の上向き回転と胸椎を広げることです。
胸椎を広げるという動きは、胸椎を回転させる能力からみると理解しやすく、私たちのカラダは胸骨の回転がない場合、腕は引き離そうと分離を試みます。さらに、胸部回転の欠如を補うために、胴体を維持するための腰椎の安定性をもなくしてしまうのです。つまり肩甲骨を動かしている筋肉と胸郭を広げるというメカニズムを理解してからトレーニングすることが重要なのです。

Hip Mobility とは、ただ単に股関節の可動域と言うことではなく、片方の内転筋群を動かした際に、同時にもう片側の内転筋群及び外転筋群にも意識と力が加わり(Ipsilateral)動かすことができる能力のことです。
コーチ陣は、股関節の柔軟性を持つことや、可動域、使い方など様々な表現でそのイメージをつかませようとしますが、現実的に明確に数値化されたプロトコールが必要となります。
6:Rader Ballistic Measuring System(RBMS,RAPSODO)
最新のテクノロジーによる正確な弾道測定を用いたトレーニングシステムです。
本プログラムではMLB30球団で使用されている『RAPSODO』を使用します。プロレベルのデータ精度を実現する独自のレーダーおよびカメラシステムです。球速、回転率、回転軸、回転効率、変化量およびストライクゾーンを分析し、リアルタイムで確認できます。