PROGRAM

Hitting Program
ヒッティング動作を解析し、スイング速度(Exit Velocity:打った後のボールの速度)を上げるか?もしくは飛距離を伸ばすのか?という2方向にフォーカスをあて、分析とエクササイズを実施します。
また、カラダに問題がないか?可動域や角度の測定もします。
このプログラムの根幹となるものは、Overload/Underload(自己受容性)Trainingです。
Overloard/Underload Trainingとは、バッティングを例にすると、重さの異なるバットや、様々な位置に重心があるバットを使用してバッティングを実施し、環境の変化で感覚器を刺激し適応能力を向上させるトレーニングのことです。
1:AXE Bat
・Why& AXE Bat Barrel

従来のラウンドハンドルとは異なり、スイング用のアックスハンドルはバットスピードを上げるのに最適です。
アックスハンドルの形状は、手首と手のひらに無理なく沿っており、負の抵抗を排除しながら、最も速く、最も効率的なスイング軌道をサポートしてくれます。
それにより、一貫性と再現性に優れたスイングを得ることが可能となり、ヒット率の向上、打ち上げ角度の最適化(10~30度)が期待できます。

バットスピードの増加は、初動からボール接触までの時間が短いことを意味します。
つまりバットスピードを上げることで打者がスイングするか?どうか?を見極める時間が増えると言うことです。
85mphの速球は、打撃ゾーンに達するまで、0.5秒もかかりません。時間は貴重であり、バッドスピードを上げることは打者にとって強みとなります。
2:Overload/Underload Training for Power and Bat Speed
かなり軽い負荷によってのスイング練習は、アスリートのカラダをはるかに速いスピードで動かし、より強い速筋をつくります。
また、それと同時に過負荷によってのスイング練習も行います。
このように異なる刺激を与えるような制限のある環境では、中枢神経系に瞬時に変化に対応する能力を向上させます。
3:High Speed 3D Motion Capture Systemによる動作分析
4:Hitting Drills
・Tee Work
・Tee Workthrough
・Tee Rocker Drill
・Shuffle Swings
・Underhand /Overhand Front Toss
5:Velocity Based Training(VBT)
打球の速度を上げるためにボディスピードを上げることが必要です。
Physical Assessment (カラダの角度の測定)を実施し、ウエイト・トレーニングでは、拳上重量ではなく、拳上速度を重視します。
これをVelocity Based Tarining といいます。
6:Hip Mobility
Hip Mobility とは、ただ単に股関節の可動域と言うことではなく、片方の内転筋群を動かした際に、同時にもう片側の内転筋群及び外転筋群にも意識と力が加わり(Ipsilateral)動かすことができる能力のことです。
コーチ陣は、股関節の柔軟性を持つことや、可動域、使い方など様々な表現でそのイメージをつかませようとしますが、現実的に明確に数値化されたプロトコールが必要となります。
そしてそれは、Exit Velocity(打った後のボールの速度)の開発に大きな役割を担っています。
7:Rader Ballistic Measuring System(RBMS,RAPSODO)
最新のテクノロジーによる正確な弾道測定を用いたトレーニングシステムです。本プログラムではMLB30球団で使用されている『RAPSODO』を使用します。プロレベルのデータ精度を実現する独自のレーダー及びカメラシステムです。初速度、角度、方向、回転軸、飛距離などを分析し、リアルタイムで確認できます。

PROGRAM

Hitting Program
ヒッティング動作を解析し、スイング速度(Exit Velocity:打った後のボールの速度)を上げるか?もしくは飛距離を伸ばすのか?という2方向にフォーカスをあて、分析とエクササイズを実施します。
また、カラダに問題がないか?可動域や角度の測定もします。
このプログラムの根幹となるものは、Overload/Underload(自己受容性)Trainingです。
Overloard/Underload Trainingとは、バッティングを例にすると、重さの異なるバットや、様々な位置に重心があるバットを使用してバッティングを実施し、環境の変化で感覚器を刺激し適応能力を向上させるトレーニングのことです。
1:AXE Bat
・Why& AXE Bat Barrel

従来のラウンドハンドルとは異なり、スイング用のアックスハンドルはバットスピードを上げるのに最適です。
アックスハンドルの形状は、手首と手のひらに無理なく沿っており、負の抵抗を排除しながら、最も速く、最も効率的なスイング軌道をサポートしてくれます。
それにより、一貫性と再現性に優れたスイングを得ることが可能となり、ヒット率の向上、打ち上げ角度の最適化(10~30度)が期待できます。

バットスピードの増加は、初動からボール接触までの時間が短いことを意味します。
つまりバットスピードを上げることで打者がスイングするか?どうか?を見極める時間が増えると言うことです。
85mphの速球は、打撃ゾーンに達するまで、0.5秒もかかりません。時間は貴重であり、バッドスピードを上げることは打者にとって強みとなります。
2:Overload/Underload Training for Power and Bat Speed
かなり軽い負荷によってのスイング練習は、アスリートのカラダをはるかに速いスピードで動かし、より強い速筋をつくります。
また、それと同時に過負荷によってのスイング練習も行います。
このように異なる刺激を与えるような制限のある環境では、中枢神経系に瞬時に変化に対応する能力を向上させます。
3:High Speed 3D Motion Capture Systemによる動作分析
4:Hitting Drills
・Tee Work
・Tee Workthrough
・Tee Rocker Drill
・Shuffle Swings
・Underhand /Overhand Front Toss
5:Velocity Based Training(VBT)
打球の速度を上げるためにボディスピードを上げることが必要です。
Physical Assessment (カラダの角度の測定)を実施し、ウエイト・トレーニングでは、拳上重量ではなく、拳上速度を重視します。
これをVelocity Based Tarining といいます。
6:Hip Mobility
Hip Mobility とは、ただ単に股関節の可動域と言うことではなく、片方の内転筋群を動かした際に、同時にもう片側の内転筋群及び外転筋群にも意識と力が加わり(Ipsilateral)動かすことができる能力のことです。
コーチ陣は、股関節の柔軟性を持つことや、可動域、使い方など様々な表現でそのイメージをつかませようとしますが、現実的に明確に数値化されたプロトコールが必要となります。
そしてそれは、Exit Velocity(打った後のボールの速度)の開発に大きな役割を担っています。
7:Rader Ballistic Measuring System(RBMS,RAPSODO)
最新のテクノロジーによる正確な弾道測定を用いたトレーニングシステムです。本プログラムではMLB30球団で使用されている『RAPSODO』を使用します。プロレベルのデータ精度を実現する独自のレーダー及びカメラシステムです。初速度、角度、方向、回転軸、飛距離などを分析し、リアルタイムで確認できます。