PROGRAM

TOP > PROGRAM|Golf Program > CASE STUDY
Golf Program CASE STUDY
より正確なスイングを目指し、より強く、より遠くへボールを飛ばすことを課題にする人も多いでしょう。 ただやみくもにトレーニングをしたり、スキルの練習をするというのではなく、「課題となる技術は何か?」を明確にして数値化させ、それを目標値に位置付けることで、確実なパフォーマンスの向上が可能です。
また、「Golf Program」は、「飛距離(Carry)」「軌道修正」「ミート率」の3つの要素で構成されています。
1:Exercises
・Hitting / Swing Exercises for Mobility
2:High Speed 3D Motion Capture Systemによる動作分析
最先端のトレーニング技術は、レーダー弾道測定システム(Trackman)や高速3D Motion Capture Systemを用いて分析します。そして、そのエビデンスを基準にGolf Programでは、数多くのサンプルが適切な数値を導き出し、その数字に近づけるようにトレーニングをすることが最も重要だとしています。
3:Velocity Based Training(VBT)
球速を上げる為に必要なボディスピードを向上させるために、Physical Assessment (カラダの角度の測定)を実施し、ウエイト・トレーニングでは、拳上重量ではなく、拳上速度を重視します。これをVelocity Based Training といいます。
4:Over Head & Hip Mobility
Over Headの動きの範囲を改善する際に最も重要なのは、肩甲骨の上向き回転と胸椎を広げることです。
胸椎を広げるという動きは、胸椎を回転させる能力からみると理解しやすく、私たちのカラダは胸骨の回転がない場合、腕は引き離そうと分離を試みます。更に、胸部回転の欠如を補うために、胴体を維持するための腰椎の安定性をもなくしてしまうのです。
つまり肩甲骨を動かしている筋肉と胸郭を広げるというメカニズムを理解してからトレーニングすることが重要なのです。

Hip Mobility とは、ただ単に股関節の可動域と言うことではなく、片方の内転筋群を動かした際に、同時にもう片側の内転筋群及び外転筋群にも意識と力が加わり(Ipsilateral)動かすことができる能力のことです。
コーチ陣は、股関節の柔軟性を持つことや、可動域、使い方など様々な表現でそのイメージをつかませようとしますが、現実的に明確に数値化されたプロトコールが必要となります。
5:Radar Ballistic Measuring System(Trackman)
1:飛距離(Carry)
飛距離を決める重要な要素は3つあります。

・Club Speed
・Launch Angle
・Spin Rate

とにかく最速で打ち出し、さらに「高打ち出し、低スピード」のボールが最も飛ぶとされています。
ただし、クラブの番手によって適切な高さ、スピン量は異なります。ですが、番手によるLaunch Angle, Spin Rateを知ることが重要になります。
2:軌道修正
軌道を真っ直ぐに修正していくのに重要な要素は3つあります。

・Swing Direction
・Face Angle
・Club Path
打ちたいターゲットに対するFace Angle、Club Path は0(deg)であれば、真っ直ぐ飛んでいきます。

ただし、Swing Diredtionはスイングの軌道なので、弧を描きます。
たとえば、7ironでスイングする場合、ボールの設置がカラダの中心より右側(右打ちの場合)にあることになります。

要するに、少し遅れてボールにコンタクトするイメージを持ってください。
よって0(deg)をつくるためには、インサイドアウトの弧を描いた瞬間から、ボールにコンタクトする理想値を-5~-6(deg)にするのが良いでしょう。
3:ミート率
ミート率を上げるために重要な要素は3つあります。

・Swing Direction
・Attack Angle
・Smash Factor

ボールを的確に飛ばすには、ヘッドスピードを上げて、ボールをしっかりクラブヘッドの芯でとらえ、如何に速く打ち出せるか?がポイントです。

ミート率を上げてクラブヘッドがボールにあたる角度の最適化を図れば、エネルギー伝達ロスが小さくなります。
如何にうまく効率よく打てたか?という視点からボールへのエネルギーの伝達効率を表す指標がSmash Factorです。
このSmash Factorの値に極めて大きな影響を与えるのがAttack Angleです。
エネルギーの伝達効率を良くするのにはインパクト時にスクエアに衝突するのが良いですが、飛距離を出す為に、7ironは21~22degのLaunch Angleが必要です。
エネルギーの伝達効率を良くしながら最適なLaunch Angleを出すために、Attack Angleは-4~-6degを理想値としています。
これにスイングの軌道を理想値である5~6degにすることでミート率は向上します。

PROGRAM

TOP > PROGRAM|Golf Program > CASE STUDY
Golf Program CASE STUDY
より正確なスイングを目指し、より強く、より遠くへボールを飛ばすことを課題にする人も多いでしょう。 ただやみくもにトレーニングをしたり、スキルの練習をするというのではなく、「課題となる技術は何か?」を明確にして数値化させ、それを目標値に位置付けることで、確実なパフォーマンスの向上が可能です。
また、「Golf Program」は、「飛距離(Carry)」「軌道修正」「ミート率」の3つの要素で構成されています。
1:Exercises
・Hitting / Swing Exercises for Mobility
2:High Speed 3D Motion Capture Systemによる動作分析
最先端のトレーニング技術は、レーダー弾道測定システム(Trackman)や高速3D Motion Capture Systemを用いて分析します。そして、そのエビデンスを基準にGolf Programでは、数多くのサンプルが適切な数値を導き出し、その数字に近づけるようにトレーニングをすることが最も重要だとしています。
3:Velocity Based Training(VBT)
球速を上げる為に必要なボディスピードを向上させるために、Physical Assessment(カラダの角度の測定)を実施し、ウエイト・トレーニングでは、拳上重量ではなく、拳上速度を重視します。これをVelocity Based Training といいます。
4:Over Head & Hip Mobility
Over Headの動きの範囲を改善する際に最も重要なのは、肩甲骨の上向き回転と胸椎を広げることです。
胸椎を広げるという動きは、胸椎を回転させる能力からみると理解しやすく、私たちのカラダは胸骨の回転がない場合、腕は引き離そうと分離を試みます。更に、胸部回転の欠如を補うために、胴体を維持するための腰椎の安定性をもなくしてしまうのです。
つまり肩甲骨を動かしている筋肉と胸郭を広げるというメカニズムを理解してからトレーニングすることが重要なのです。

Hip Mobility とは、ただ単に股関節の可動域と言うことではなく、片方の内転筋群を動かした際に、同時にもう片側の内転筋群及び外転筋群にも意識と力が加わり(Ipsilateral)動かすことができる能力のことです。
コーチ陣は、股関節の柔軟性を持つことや、可動域、使い方など様々な表現でそのイメージをつかませようとしますが、現実的に明確に数値化されたプロトコールが必要となります。
5:Radar Ballistic Measuring System(Trackman)
1:飛距離(Carry)
飛距離を決める重要な要素は3つあります。

・Club Speed
・Launch Angle
・Spin Rate

とにかく最速で打ち出し、さらに「高打ち出し、低スピード」のボールが最も飛ぶとされています。
ただし、クラブの番手によって適切な高さ、スピン量は異なります。ですが、番手によるLaunch Angle, Spin Rateを知ることが重要になります。
2:軌道修正
軌道を真っ直ぐに修正していくのに重要な要素は3つあります。

・Swing Direction
・Face Angle
・Club Path
打ちたいターゲットに対するFace Angle、Club Path は0(deg)であれば、真っ直ぐ飛んでいきます。

ただし、Swing Diredtionはスイングの軌道なので、弧を描きます。
たとえば、7ironでスイングする場合、ボールの設置がカラダの中心より右側(右打ちの場合)にあることになります。

要するに、少し遅れてボールにコンタクトするイメージを持ってください。
よって0(deg)をつくるためには、インサイドアウトの弧を描いた瞬間から、ボールにコンタクトする理想値を-5~-6(deg)にするのが良いでしょう。
3:ミート率
ミート率を上げるために重要な要素は3つあります。

・Swing Direction
・Attack Angle
・Smash Factor

ボールを的確に飛ばすには、ヘッドスピードを上げて、ボールをしっかりクラブヘッドの芯でとらえ、如何に速く打ち出せるか?がポイントです。

ミート率を上げてクラブヘッドがボールにあたる角度の最適化を図れば、エネルギー伝達ロスが小さくなります。
如何にうまく効率よく打てたか?という視点からボールへのエネルギーの伝達効率を表す指標がSmash Factorです。
このSmash Factorの値に極めて大きな影響を与えるのがAttack Angleです。
エネルギーの伝達効率を良くするのにはインパクト時にスクエアに衝突するのが良いですが、飛距離を出す為に、7ironは21~22degのLaunch Angleが必要です。
エネルギーの伝達効率を良くしながら最適なLaunch Angleを出すために、Attack Angleは-4~-6degを理想値としています。
これにスイングの軌道を理想値である5~6degにすることでミート率は向上します。